カリフラワーの育て方のポイント

カリフラワーはブロッコリーとともに、


東地中海沿岸の島々に分布する不結球の野生キャベツがルーツです。


日本には明治に渡来し、ブロッコリーより先に普及しました。




くせのない淡白な味、さっくりした歯ざわりで、


「はなやさい」ともいわれるので食用にしているのは花と思いがちですが、


茎の頂きに1つだけつける花蕾とよばれるつぼみの集まりを食べているのです。




”スノークラウン”、”新雪”などの品種名からもわかるように、


花蕾の色は白がほとんどです。黄や黒のしみがなく、しまったものが良品です。



日本では白色のものが主体ですが、紫色やだいだい色もあります。


最近、ブロッコリーの人気に押されて生産量が最盛期の半分ほどに下降していますが、


ゆでた後のビタミンC損失率がブロッコリーに比べて低いのが特徴です。


ゆでてサラダにしたり、スープやグラタンなど温かい料理に向いています。

Copyright © カリフラワー栽培 カリフラワーの育て方 All rights reserved